<
トップイメージ

日本初、カウンセリングサービスの株式会社

 青山学芸心理は、2つの柱からなる、日本初のカウンセリングサービスの株式会社です。

 1つの柱は、心理相談部門です。弊社では、カウンセリングの和語として「安談」という言葉を使っています。これは、日本には日本の文化や風土に合った心理相談が必要と考えるからです。安談の最大の特徴は、相談者が「社会的な折り合いをつける」ことを目標にしている点にあります。

 もう1つの柱は、教育部門です。弊社では、個々の状況に合わせた教育的支援をおこなうことを掲げ、同部門を「コロキアム」と名付けています。学習指導にとどまらず、なぜ勉強するのか、大切な毎日をどう活かすのがいいのかを、子ども自らが考えられるようになることを目指しています。

 お問い合わせは随時受け付けております。お電話、または、当サイトのお問い合わせページからご連絡をいただきますよう、お願い申し上げます。

お知らせと更新情報

2015.09.22 ウェブサイトを現在リニューアル準備中です。しばらくお待ちください。なお、株式会社青山学芸心理は、青山学芸心理になりました。

このページのトップへ